top of page
  • 執筆者の写真yoijoho

ホテルレビュー、The Modern Honolulu (ザ モダン ホノルル) ーインテリアデザイナーの視点から。

ニューヨーク帰りのインテリアデザイナーの秋野です。このブログでは、最近私がハワイで滞在したホテルの部屋のレビューをしてみたいと思います。またホテルの高級感を、どのように住まいのインテリアに取り入れることができるか、提案してみたいと思います。

私がニューヨークでインテリアデザイナーとして働いていた時、沢山のホテルの部屋のデザインに携わりましたが、ホテルの部屋をデザインするのは楽しいものです。予算が限られていても、高級感のある部屋を創り出さなければなりません。スタイリッシュな部屋でありながらも、耐久性の良い素材を使ったり、掃除のし易いデザインを作り上げなくてはなりません。私はそのチャレンジや工夫をするのが好きです。


結論から言うと、私の泊まった部屋には95% 満足しました。私にとってはとてもくつろげる部屋でした。5% は所々にほとんど目立たない欠陥があったためですが、ほとんどの人は気にしないでしょう。


この部屋の一番素晴らしい点は窓からの景色です。ハワイの様な美しいビーチのある所に泊まるときは、ホテルの海岸沿いの立地は、私にとってとても重要な要素です。ディスカウントトラベルサイトで予約してしまったあいにくの市街地側の部屋を、幸運にも無料で海岸側のスイートルームにアップグレードしてもらうことが出来ました。ホテルの部屋を景色で選ぶように、自分の住むマンションの部屋や戸建ての家も景色を考慮して選ぶと、生活環境向上につながると思います。

テラスの椅子に座ってコーヒーを飲んだだけで、私はラグジュアリーな気分になれました。自分の住まいの物件を探すとき、ベランダに写真の様な寝椅子を置くことを想像すると、どのような物件を選択をすればいいか明らかになってきます。私の場合は、ベランダからの景色が良い物件を選ぶことが必須になると思います。


下はこの部屋のビデオツアーです。私がくつろげた気分になれた理由の一つは部屋のインテリアの色をモノトーンでまとめてあることです。ビビットな色は赤いウクレレとブルーのフレームのアクセントカラーだけです。外には美しい青い空と海があるので、色はそれだけで充分でした。

日没にかけて海岸沿いを散歩した後に部屋にもどり、夕焼けの窓の外の景色をバックグラウンドに感じながら、特大セクショナルソファーに埋もれるように倒れ込みました。特大クッションの上に横たわって、くだらないテレビ番組を巨大スクリーンTVで見ながら、これ以上の幸福はないという気分でテイクアウトの夕食を食べました。リビングにこのような贅沢なサイズのソファーがあると最高ですね。

夕方の海岸

The Modern Honoluluのプール

毎日昼と夜にホテルのプールで泳ぎました。泳いだ後、水着のまま部屋に戻り部屋でシャワーを浴びました。バスタブがなかったことは残念でした。シャワーですが、レインシャワーがあった方が良かったと思います。ハンドシャワーは持っていた所がお湯で熱くなりすぎたのが、少し問題だと思いました。バスルームのシンクは大きくて良かったのですが、シンクの底が平らで角が直角なので、掃除を徹底しないと、汚れや水あかが溜り易そうでした。フォーセットやシャワーはどちらかというと、光沢のあるものより、サテンの艶消し加工がされたものの方が、掃除もしやすいし、高級感も出ると思いました。


ベッドルームはシンプルなプラットフォームのベッドがあり、合板を使ってDIYで作れそうでした。私がニューヨークのアパートで使っていたベッドも似たようなプラットフォーム型で、引っ越しの時ばらばらにして運べるようなベッドだったので、いつかDIYで同じような組み立て簡単ベッドをデザインしてみたいと思います。


私がデザイナーとして訴えたいことは、それほどお金を掛けなくても、リノベで高級でスタイリッシュな雰囲気を作り出すのは可能だということです。ホテルの部屋に取り付けてある設備や器具はできる限り低価格で、メインテナンスがし易いことを前提でデザインしてあるので、次回ホテルに泊まるときはよく観察してみてください。The Modern Honoluluは5つ星の採点法では4.5星でした。












Comments


bottom of page